スーパーコンパニオンが生まれたのは | 丹山信也のスーパーコンパニオン研究サイト

丹山信也のスーパーコンパニオン研究サイト

ちょっとえっちで楽しいスーパーコンパニオンとの宴会を安全に楽しむ方法とは?

スーパーコンパニオンが生まれたのは

スーパーコンパニオンと呼ばれるコンパニオンというのは、普通の一般的なコンパニオンとは仕事内容が異なっています。

、というのも、一般的なコンパニオンがお客様のお酒をついだり、話し相手になったりと、宴会の席に華をそえる存在なのに対し、スーパーコンパニオンは、盛り上がりに応じて宴会の場で脱ぐというサービスを行っているコンパニオンなのです。

いわゆる、オトナのためのコンパニオン・・・といったところでしょうか。

このスーパーコンパニオンが生まれたのは、そこまで昔ではありません。

バブルと呼ばれた、世の中が活気であふれ、皆が浮き足立っていた時代にこのスーパーコンパニオンは生まれたといわれています。

それまでは、コンパニオンといえば一般的なコンパニオンしかいませんでした。

しかし、この一般的なコンパニオンの中で、大金を受け取って、オトナなサービスをし始めるコンパニオンが出てきたようです。

これがスーパーコンパニオンのはしりだとされています。

そこからだんだん、この脱いでくれるコンパニオンというのが一般的なコンパニオンとは区別されるようになり、スーパーコンパニオンやピンクコンパニオンなどの名前がつけられたのだそうです。

Comments are currently closed.